Lancet:高温の健康影響

3月だというのに・・・熱中症関連の話題・・・ただ、本格的にあつくなる前に、医療関係者は、リスクあるひとたちに助言をしなければならないため、そういう意味ではタイムリーなのかもしれない。

従来言われていた老人や基礎疾患を有する人たち以外に、抗コリン剤、利尿剤、向精神薬服用者に注意すべきとのこと

脱水促進の可能性で、扇風機の推奨に関しては未だ議論があるようだ。

Health effects of hot weather: from awareness of risk factors to effective health protection
The Lancet, Volume 375, Issue 9717, Pages 856 - 863, 6 March 2010 Most commonly provided heat-protection advice to the general public from the organisations listed in table

【推奨】
科学的エビデンスとして支持される助言
・一般的に暑い時期は水分量摂取を増やす。老人ではのどが渇く前に飲水すべき。自己管理不能なベッドねたきり患者、子供、認知障害者などでは、ケアするものは水分の状態を常に気を払わなければならない
・リスクの高い人たちはエアコン環境もしくは涼しい環境下に置く。疫学的データでもその有益性が示唆されている。ゆったりとした着衣と、頻回なシャワー・入浴を!
・暑い時期は運動をへらすこと、代謝的熱産生は運動量、適応、年齢、体つきによりばらつく。炎天下運動の内在的危険性、熱疲労、熱中症に注意をはらうべき。
・熱放散を傷害する薬物服用者では季節前に注意を行う(水分状態把握のための定期的体重測定など)

科学的エビデンスとしては支持されてない助言
・電気扇風機は脱水を促進するから使うべきでない
・アルコールを控える。これは過剰に言われすぎで、中から少量アルコールやスピリッツ使用とは区別すべき、ただ、利尿作用のため、もちろん推奨はしない。
・利尿効果のため少量のコーヒー、茶、カフェイン飲料は避ける

【生理学的影響】
寒冷環境への順応は、着衣を重ねることである程度助けになるが、熱への順応は自然の身体冷却システム能力に依存しており、外気温度にかかわらず、37度あたりに内部体温を維持できるように設計されている。このプロセスは、
・伝導:conduction (temperature exchange through direct contact with hot or cold surfaces)
・対流:convection (temperature exchange through movement of air or fluid)
・放射:radiation (temperature exchange related to emission and reception of electromagnetic waves)
・蒸発:evaporation (cooling caused by water from perspiration leaving the skin's surface as a vapour)


熱ストレスからの、体内からの熱放出の主な方法は、発汗、心拍出量増加、皮膚血流増加のredirection(放散や伝導を通して)調整される。環境温度が核体温よりかなり高い場合、主な生理的方法は汗産生である。この反応は、老人や、慢性疾患や特定薬剤、利尿剤や抗コリン剤などのような薬剤服用者で減弱する。老人の熱耐用減少の影響は、好気的運動の少なさ、体組成の変化、慢性健康状態が、年齢そのものよりも大きい。熱関連疾患はまず、heat exhaustion(熱疲労)から始まり、heatstroke(熱射病)とは、40.6度異常の核体温で臨床的に定義される。熱射病になると死へ進行が早く、迅速な対応が必要で、15%の死亡率である。しかし、熱暴露が必ずしも死因と確定できない。基礎疾患状態やなんらかの急性増悪として働くことがある。多くは心血管疾患、呼吸器疾患である。


【地域レベル】
日差変動に関わる疫学的研究、健康への影響は即時、同日、1-2日後などの影響が報告。湿度とのっくみあわせの関係、大気圧、風速、曇りなども考えられる。大気汚染も重要で、synergisticに悪影響・・・


【リスク要素】
・ベッド上行動制限:オッズ比 6.4[95% CI 4·5—9·2]
・精神疾患: 3.61·3—9·8]
・引きこもり:3.41·6—6·9]
・自己管理不能:3.0[1·8—4·8]
(Kovats and Hajat)

基礎疾患:心臓血管疾患、呼吸器疾患、腎疾患、糖尿病、神経疾患、性心疾患
利尿剤、抗コリン剤使用者




アドバイス
・アルコールを避ける (n=34)
・薄着にする、きつく閉めない服にする (n=31)
・のどが渇く前に飲水を (n=28)
・エアコンのない家では、エアコン環境や、冷環境を探す(n=21)
・エアコンのある室内に (n=20)
・帽子をかぶる (n=18)
・運動を避けるか、減らす(n=18)
・太陽から防御 (n=17)
・熱中症関連疾患の症状を知ること、対処法を知ること (n=15)
・とくに影響を受けやすい人を探す (n=15)
・子供を閉鎖された、駐車中の車に置かない(n=15)
・日中もっともあつい時間帯の外出を避ける (n=13)
・風呂・シャワーを頻回に(n=11)

Numbers within parentheses are the number of sources.


扇風機使用に関してヨーロッパは支持、米国は不支持の傾向がある。これは湿度環境の違いかもしれない。


確定的アクションモデル
・ Dehydration caused by diuretics and angiotensin-converting enzyme (ACE) inhibitors might reduce visceral blood flow to the liver and kidneys, reducing clearance of drugs and toxins. Moderate to severe dehydration is associated with a risk of hypovolaemia and orthostatic hypotension, causing falls and increasing heart rate.
・ Antianginal drugs and β blockers decrease heart rate or contractility.
・ Drugs that antagonise water retention (eg, morphine), have laxative effects (eg, lactulose), or cause vomiting or diarrhoea (eg, colchicine) can lead to electrolyte disturbances by shifting the fluid balance.
・ Antipsychotic (anticholinergic and tricyclic antidepressant) drugs are associated with a reduction in sweat production through a reduction in autonomic input to the parasympathetic system in patients at risk of drug-induced movement disorders. These patients are often given anti-Parkinsonian drugs to combat side-effects that might act synergistically with antipsychotic drugs.
・ Dopamine antagonists (elevate the set point of the hypothalamus), neuroleptics, and serotonin agonists interfere with thermoregulation.
・ Sympathomimetics and antihistamines, particularly H1 antagonists, cause vasoconstriction. The reduction in the peripheral blood flow leads to modification in sweat gland activity.
・ Sympathomimetics and thyroxine increase metabolic heat production.
・ Sedatives, painkillers, and drugs of abuse reduce alertness, judgment, and perception of heat.
・ Non-steroidal anti-inflammatory drugs (NSAIDs), ACE inhibitors, angiotensin receptor blockers, sulphonamides, and indinivir reduce renal function; NSAIDs, aspirin, and paracetamol are contraindicated for the treatment of heatstroke.
・ Concentrations of lithium and digoxin can increase as a result of dehydration.

高リスク群:利尿剤使用、抗コリン剤、向精神薬

by internalmedicine | 2010-03-06 14:56 | 環境問題  

<< 体重正常者でも、体重の周期性変... 米国トヨタ車所有者は、トヨタに... >>