特発性肺線維症へのバイアグラ投与運動能改善無し

Sildenafil Trial of Exercise Performance in Idiopathic Pulmonary Fibrosis (STEP-IPF)

残念ながら、いつものごとく、negative result


A Controlled Trial of Sildenafil in Advanced Idiopathic Pulmonary Fibrosis
The Idiopathic Pulmonary Fibrosis Clinical Research Network
www.nejm.org May 18, 2010 (10.1056/NEJMoa1002110)



Sildenafil (Revatio, Pfizer)は、phosphodiesterase-5 阻害剤で、NOの2nd messengerであり、肺血管拡張性に働く。換気された肺組織での血管拡張に働き、故に、換気血流不均衡の改善→ガス交換の改善につながるのではないかとの仮説

小規模症例報告で、運動耐容能改善、呼吸苦改善、QOL改善の報告があったが、残念な結果になった。

by internalmedicine | 2010-05-19 11:30 | 呼吸器系  

<< 心房細動焼灼治療でアルツハイマ... 無煙たばこ「ゼロスタイル・ミン... >>