腋窩リンパ節転移+早期乳がん: sequential adjuvantの方が、concurrentより良好、無月経の影響少なし

”concurrent versus sequential regimen”に関する話題

アジュバント化学療法をsequentialにする方法が早期乳がんでは、短期レジメン化学療法よりそのパフォーマンスがよかった。


短期の方がsequential regimenより、synergistic effectが期待されるという従来の化学療法の考えをくつがえすものであった。
"dose-dense"という従来の考えとも異なる結果であった。

だが、抗がん剤に暴露される時間が長いことが重要となると、その副事象とのバランスが、また、問題となる。


5351名の手術可能、node-positive(腋窩リンパ節転移(+))で早期乳がん

4サイクルのdoxorubicin+cyclophosphamide後4サイクルのdocetaxel(sequential ACT)
vs
4サイクルのdoxorubicin,cyclophosophamide,docetaxel(concurrent ACT)


プライマリアウトカムは、concurrent ACTが、sequential ACTより有効かどうか、doxorubicin-docetaxel regimenがconcurrent-ACT regimenと同等かの検討
セカンダリアウトカムは、毒性、無月経

Longer Therapy, Iatrogenic Amenorrhea, and Survival in Early Breast Cancer
Sandra M. Swain, M.D., Jong-Hyeon Jeong, Ph.D., Charles E. Geyer, Jr., M.D., Joseph P. Costantino, Dr.P.H., Eduardo R. Pajon, M.D., Louis Fehrenbacher, M.D., James N. Atkins, M.D., Jonathan Polikoff, M.D., Victor G. Vogel, M.D., M.H.S., John K. Erban, M.D., Priya Rastogi, M.D., Robert B. Livingston, M.D., Edith A. Perez, M.D., Eleftherios P. Mamounas, M.D., M.P.H., Stephanie R. Land, Ph.D., Patricia A. Ganz, M.D., and Norman Wolmark, M.D.
N Engl. J Med. Vol. 362:(22) 2053-2065 Jun. 3, 2010


"node-positive"乳がんでは、doxorubicin+cyclophosphamideアジュバント療法→docetaxelが、これら3剤併用やdoxorubicin-docetaxelより有意に生存期間を改善した。

無月経となった閉経前女性は、有意に、治療や腫瘍のhormone receptorに関わらず包括的・無疾患生存率を改善した。

by internalmedicine | 2010-06-03 08:31 | がん  

<< パーキンソン病進行期に対する脳... ボタン型・コイン型の電池誤嚥:... >>