DURATION-2:2型糖尿病メトホルミン追加投与:exenatide週毎注射は最大量 sitagliptin、 pioglitazoneに勝る

2型糖尿病は、メトホルミン治療で始めるのが一般的だが、追加治療が必要なことがある
glucagon-like peptide 1 receptor agonistである週1回exenatide vs DPP-4阻害剤やthiazalidinedionであるpioglitazoneの比較

26週間のランダム化二重盲検二重ダミー優越性試験

メトホルミンに、”週1回 exenatide追加”のほうが、最大量sitagliptin or pioglitazone追加より目標到達比率が高かった。

Efficacy and safety of exenatide once weekly versus sitagliptin or pioglitazone as an adjunct to metformin for treatment of type 2 diabetes (DURATION-2): a randomised trial
DURATION-2 Study Group
The Lancet, Volume 376, Issue 9739, Pages 431 - 439, 7 August 2010

ITT解析
・weekly exenatide:170
・sitagliptin:172
・pioglitazone:172

HbA1c減少
exenatide: -1.5%, 95%CI -1.7 ~ -1.4
sitagliptinとの差:-0.9% -1.1 ~ -0.7
pioglitazoneとの差 :-0.3% -0.6 ~ -0.1

体重減少
exenatide:−2·3 kg, 95% CI—2·9 ~ −1·7kg
sitaliptinとの差−1·5 kg, 95% CI −2·4 ~ −0·7, p=0·0002
pioglitazoneとの差:−5·1 kg, −5·9 ~ −4·3, p<0·0001



こういう報告みると、メトホルミン治療の少ないという日本の糖尿病治療の特殊性を感じる。

副事象を怖がりすぎた・・・日本の医療制度

by internalmedicine | 2010-08-06 12:07 | 糖尿病・肥満  

<< 高血圧緊急症:Emergenc... 個人情報保護法をもう一度見直そう! >>