DESMOND:2型糖尿病新規診断:教育・自己管理マネージメント指導

現実社会に仮想モデルを適応して、新規診断糖尿病への教育・自己マネージメントについて検討した研究

結論は、自己管理・教育指導は、コスト効果的ですよって話

Delivering the diabetes education and self management for ongoing and newly diagnosed (DESMOND) programme for people with newly diagnosed type 2 diabetes: cost effectiveness analysis
BMJ 2010; 341:c4093 doi: 10.1136/bmj.c4093 (Published 20 August 2010)
Cite this as: BMJ 2010; 341:c4093


新規診断2型糖尿病患者の通常ケアとの比較
糖尿病教育・自己管理の臨床的・コスト効果的長期研究
” diabetes education and self management for ongoing and newly diagnosed (DESMOND) intervention”

12ヶ月多施設、クラスターランダム化対照トライアル、Sheffield type 2 diabetes model、モデル化長期アウトカム(治療、合併症頻度、死亡率、コスト関連影響、HR-QOL)

コスト・ユーティリティー解析も現行の現実世界で行われたコストを用いて仮想的プライマリトラストで推定

一人あたりの推定平均生涯増加コストは、DESMOND介入にて£209 (95% 信頼区間−£704 to £1137; €251, −€844 to €1363; $326, −$1098 to $1773)減少、一人あたりのQALYs増加gain 0.0392 (−0.0813 to 0.1786)、平均QALYあたりのコスト  £5387
現実世界での介入コストを用いると、DESMOND介入による生涯増加コストは£82 (−£831 to £1010) で、QALY gain あたりの平均増加コスト£2092



"diabetes education and self management for ongoing and newly diagnosed (DESMOND) intervention"は、新規診断2型糖尿病患者への教育プログラムに適する患者としてクライテリアに合致した英国・スコットランドの国家的な National Institute for Health and Clinical Excellence によるプログラム
教育者として訓練された登録医療専門家による丸一日あるいは半日2回の接触時間6時間からなるプログラムで、カリキュラムは、ライフスタイル要素、食事の選択、運動、心血管リスク要素などに焦点をあてたもの


日本でも、この種のプログラムをやろうとしているようで、私どもの地域も、何の事前連絡や予告もなく、モデル地域とされているようだ。6回ほど講習を受けるよう医師会からの情報資料にこっそりと書かれていた。日本らしい目標・目的のはっきりしない、ぼやっとした方針のようだ。仲介した医師会担当者がぼやっとしてるだけかもしれないが・・・

by internalmedicine | 2010-09-03 10:47 | 糖尿病・肥満  

<< 認知症患者の代理意志決定の問題 骨粗鬆症:ビスフォスフォネート... >>