COPD急性増悪発現型:GERD、胸焼け、低QOL、白血球増加

COPD管理の鍵は急性悪化

2138名の長軸的大規模コホート:ECLIPSE研究

疾患重症度とは独立した、急性増悪発現型が存在することを示した報告

Susceptibility to Exacerbation in Chronic Obstructive Pulmonary Disease
N Engl J Med 2010; 363:1128-1138


急性増悪は、COPD重症度が増す小渡、回数が多い(重症度が増す)。

フォローアップ初年急性悪化は、GOLD stage 2 0.85、stage 3 1.34 、stage 4 2.00

総合的に、頻回増悪回数(フォローアップ初年急性悪化2回以上)は、それぞれ 22%、33%、47%

頻回急性増悪発現病型は3年間比較的安定し、患者の思い出しエピソードベースでそれが予測しうる。

重症・以前の急性増悪との関連に加え、逆流性食道炎、胸焼け、QOL低下、白血球増加は独立した因子であった。

by internalmedicine | 2010-09-16 08:28 | 呼吸器系  

<< 公的場所での禁煙法制化後、喘息... 長距離マラソンやプロスポーツな... >>