前立腺癌GnRHアゴニスト使用に関する警告

あくまで、前立腺癌治療のお話、すなわち、子供や女性での他治療目的の話ではない

今年、前立腺癌治療のための、Androgen deprivation therapy(ADR)としてのGnRHアゴニスト治療使用に関して、American Heart Association、 American Urological Association、American Cancer Societyがジョイント助言委員会にて糖尿病、心筋梗塞、卒中、突然死に関して警告を発した。
しかし、特に、臨床家へ特別なガイドラインは示さなかった。
http://www.fda.gov/Drugs/DrugSafety/PostmarketDrugSafetyInformationforPatientsandProviders/ucm209842.htm

あらたに、FDAが警告を発表した
http://www.fda.gov/NewsEvents/Newsroom/PressAnnouncements/ucm230334.htm


GnRH agonistは leuprolide、acetate (Lupron, Viadur, Eligard, and various generics)、goserelin acetate (Zoladex)、 triptorelin pamoate (Trelstar)、 histrelin acetate (Vantas)、 nafarelin acetate (Synarel)

性腺刺激ホルモン放出ホルモン:スプレキュア点鼻剤 ナサニール点鼻剤 スプレキュアMP1.8 注射剤(低用量) リュープリン1.88 注射剤(低用量) ゾラデックス1.8 注射剤(低用量) リュープリン3.75 注射剤(高用量)

by internalmedicine | 2010-10-21 09:21 | がん  

<< 後顧:H1N1 2009 パン... ワーファリン治療:INR自家測... >>