COPD病院収容前酸素療法:高流量 vs 補正プロトコール

COPD患者の病院収容前酸素投与は酸素飽和度 88%-92%でコントロールすべきという話

この場合の積極治療群は:経鼻酸素で、88%-92%を維持するよう補正、気管支拡張剤をネブライザー経由で投与、そのときは、経鼻チューブにフェースマスクをかぶせる。

この治験で対照とした群は高流量酸素 8-10l/minを投与、気管支拡張剤投与時は、非再呼吸フェースマスク+ネブライザーを酸素6-8 l/min




Effect of high flow oxygen on mortality in chronic obstructive pulmonary disease patients in prehospital setting: randomised controlled trial
BMJ 2010; 341:c5462 doi: 10.1136/bmj.c5462 (Published 18 October 2010)
Cite this as: BMJ 2010; 341:c5462


ITT解析で、死亡リスクは有意に補正酸素群で、高流量酸素群より死亡率少ないs (high flow oxygen n=226; titrated oxygen n=179)
COPD確認群サブグループでもそうである(high flow n=117; titrated n=97)

包括的死亡率は、
全患者に対して、高流量群 9% (21 deaths)、補正酸素群 4% (7 deaths)
COPDサブグループ群では、高流量群 9% (11 deaths)、補正酸素群 2% (2 deaths)

全患者に対して、補正酸素治療は、高流量酸素群より死亡率減少 58% (relative risk 0.42, 95% confidence interval 0.20 to 0.89; P=0.02)、COPD確認群では78%減少 (0.22, 0.05 to 0.91; P=0.04)

プロトコールに従った補正酸素を受けたCOPD患者は、高流量酸素群に比較して、有意に呼吸性アシドーシス減少と関連(mean difference in pH 0.12 (SE 0.05); P=0.01; n=28) 、高炭酸ガス血症減少と関連 (mean difference in arterial carbon dioxide pressure −33.6 (16.3) mm Hg; P=0.02; n=29)

a0007242_1010661.gif



a0007242_108393.gif




Tasmanian Ambulance Service guideline( including basic support, nebulised bronchodilators (salbutamol 5 mg made up in 2.5 ml normal saline, ipratropium bromide 500 μg made up with 2.5 ml normal saline), dexamethasone 8 mg intravenously, and, where necessary, salbutamol 200-300 mg intravenously or 500 mg intramuscularly)


そういえば、COPDではないけど、”重症ぜんそくの薬吸入を解禁へ 救急救命士の業務拡大”って話・・・具体的に指示が出たのだろうか?

by internalmedicine | 2010-10-22 10:09 | 呼吸器系  

<< 腱症マネージメントのステロイド... サイクリング促進のための促進介入 >>