担がん老人患者:ビスフォスフォネート静注製剤と心房細動・卒中リスク

悪性腫瘍に伴う高カルシウム血症や多発性骨髄腫による骨病変、乳がん、前立腺がんなどの骨転移、骨粗鬆症に対して投与される。静注製剤が、心房細動や卒中リスク増加と関連するという話・・・、「悪性腫瘍による高カルシウム血症」に対する、アレディアは頻用せざる得ないので、情報上重要と思う。

Atrial Fibrillation and Stroke Associated With Intravenous Bisphosphonate Therapy in Older Patients With Cancer
Published online before print October 12, 2010, doi: 10.1200/JCO.2010.28.7524 JCO.2010.28.7524


ビスフォスフォネート静注は、心房細動 (hazard ratio [HR] = 1.30; 95% CI, 1.18 to 1.43)、上室性頻拍 (HR = 1.28; 95% CI, 1.19 to 1.38)、卒中リスク増加 (HR = 1.30; 95% CI, 1.09 to 1.54)と軽度関連

5回投与で、上室性期外収縮7%増加に相当(HR = 1.07; 95% CI, 1.02 to 1.12)

by internalmedicine | 2010-10-25 08:24 | がん  

<< 気管支の苦み受容体:あらたな治... 卒中・TIA予防ガイドライン 改定 >>