LEAD-2拡張研究::ビクトーザ皮下注の肝逸脱酵素、心代謝疾患への効果

発売され、利用できるものの・・・リラグルチド(商品名:ビクトーザ皮下注18mg)の立つ位置・・・私のような門外漢には未だ不明。


LEAD-2 研究
Efficacy and safety comparison of liraglutide, glimepiride, and placebo, all in combination with metformin in type 2 diabetes mellitus (LEAD-2 Met)
Diabets Care Published online before print October 17, 2008, doi: 10.2337/dc08-1355


これの発展型、脂肪肝炎などへの影響に着眼した研究。


連日投与 liraglutide (Victoza) と 週毎 exenatide (Bydureon)であり GLP-1 agonistは他糖尿病治療薬やプラセボに比較して、ALTを下げた。

GLP-1 analogueは、ネズミモデルでの脂肪肝・炎症マーカー改善を示し、NASHの病態改善に役立つ可能性と、アクトスなどの他の糖尿病薬が体重増加をもたらす可能性のため、脂肪肝治療としての役割に期待が持たれていた。

Primary source: American Association for the Study of Liver Diseases meeting
Source reference:
Chalasani NP, et al "Effect of once-weekly exenatide on ALT cardiometabolic risk factors in adults with type 2 diabetes" AASLD 2010; Abstract 661.

Additional source: American Association for the Study of Liver Diseases
Source reference:
Armstrong MJ, et al "Effects of two years of liraglutide treatment on fatty liver disease in patients with type 2 diabetes: Analysis of the LEAD-2 extension trial" AASLD 2010; Abstract 625.


http://www.medpagetoday.com/MeetingCoverage/AASLD/23070



26週間第三相治験+1年半のオープンラベルに広げての試験

LEAD-2 患者は、 GLP-1 agonist liraglutide (at a dose of 1.8, 1.2, or 0.6 mg/day), or glimepiride 4 mg/day or a placebo
すべて、 metformin 1.5 or 2 g/dayを追加

DEXA とCTスキャンで、脂肪体組成、脂肪肝評価( liver-to-spleen attenuation ratio <1)

ベースラインで、LEAD-2患者の65.7%は脂肪肝、74%がメタボリックシンドローム
ベースラインでALT増加患者はliraglutideにより有意に減少(-8.53, P<0.0001)

glimepirideを上回る改善効果が見られた。liraglutideではALT正常化37%、glimepiride 21% (P<0.05).

liraglutideのALT効果は、血糖コントロールを上回る付加効果であるようだと、著者ら。
肝臓・脾臓比はliraglutideで有意に増加し、glimepirideとプラセボ比較で、脂肪肝減少を示した (P<0.05).



非アルコール性脂肪性肝炎合併例などには良い適応と言わせたいのだろう。

by internalmedicine | 2010-11-01 10:31 | 糖尿病・肥満  

<< 合併症から見たCOPD外来患者... 乳がん:詐欺ピンクリボン運動製... >>