運動により上気道感染半減

http://www.medpagetoday.com/PrimaryCare/ExerciseFitness/23094

Nieman D, et al "Upper respiratory tract infection is reduced in physically fit and active adults" Br J Sports Med 2010; DOI: 10.1136/bjsm.2010.077875.


12週間、週最低5回の運動は週1回の運動より、上気道感染を43%減らすことができる

David Nieman, DrPH( Appalachian State University in Kannapolis, N.C.)らの研究

疫学とランダム化研究に基づくもので、十分な好気的運動量で、免疫グロブリン、好中球、NK細胞再循環を増加させる・・・自然免疫と関与する。動物モデルでは、肺マクロファージが中等度運動に関して感染感受性低下に重要な役割を果たす。
免疫抑制するストレスホルモン、炎症前駆、抗炎症性サイトカイン、強度の代謝的活性指標は中等度運動時は増加しない。運動後数時間で、運動前の状態に、免疫系は戻るが、病原体に対するimmunosurveillanceは改善したも海女であり、この結果上気道感染減少につながる。

by internalmedicine | 2010-11-02 10:28 | 呼吸器系  

<< 電子たばこ:インターネットによ... 市中レジオネラ肺炎マネージメント: >>