NLST:高リスク対象者・低放射線量ヘリカルCTは通常のレントゲンに比べ20%死亡率減少効果

National Cancer Institute (NCI)、American College of Radiology Imaging Network (ACRIN) and the Lung Screening Study groupスポンサーのトライアル



特にリスクの高い53000名を超える対象の、大規模研究(55-74歳)で、ランダム化トライアル
低放射線量ヘリカルCTと通常のX千にて、肺がん死亡率比較検査で、ヘリカルCTにて20%死亡率低減効果を報告

DSMBの結論は 20.3%の肺がん死亡率の減少(統計学的有意差に合致)

NCI プレスリリース


"Thus the results may not accurately predict the effects of recommending low-dose helical CT scanning for other populations."と書かれている。


日本でよく行われている・・・リスク層別化されてない検診とは違う!

by internalmedicine | 2010-11-05 11:58 | がん  

<< 喘息:かぜや流感時期のピークフ... 内因性一酸化炭素 >>