喘息:かぜや流感時期のピークフローモニタリングは有益

風邪シーズン時にピークフローモニタリングは、吸入ステロイド・アドへランスを改善、すなわち、吸入回数を増やし、ステロイドレスキュー必要回数、悪化回数を減少させる。

Objective Airway Monitoring Improves Asthma Control in the Cold and Flu Season
A Cluster Randomized Trial
CHEST November 2010 vol. 138 no. 5 1148-1155

by internalmedicine | 2010-11-05 16:00 | 呼吸器系  

<< E-cadherin、E-se... NLST:高リスク対象者・低放... >>