エビデンス無き肺がん検診:3分の2のプライマリケア医はガイドラインに反し推奨してしまっている

肺がん検診による肺がん死亡率減少を示す高品質なエビデンスが存在しないし、ガイドライン上も無症状対象者への検診に関して推奨もしてないという、調査・著者らの認識の元、プライマリケア医の認識と実践を調査したもの。

by internalmedicine | 2010-11-08 08:31 | がん  

<< 赤身肉と食道腺がん・胃がんの関... 脳認知機能目標:ARBまたもや... >>