Understanding Diabetes at the Molecular Level

TOR (target of rapamycin) kinaseは、細胞外刺激をつなぎ、細胞増殖・代謝に影響を与えるのに中核的役割を果たす。2つの異なるcomplexからなり、TOR complex 1 (TORC1)と2 (TORC2)であり、リン酸化、様々なAGC-family protein kinase活性化と関連する。
TORC2は、Aktと呼ばれる蛋白を活性化し、インスリンの細胞反応に決定的役割を果たす。
インスリンは脂肪・筋肉細胞の血中からの糖取り込みの引き金となる。
Aktがなければ、糖尿病様症状を発症する。Aktはまた胎生期に細胞増殖と関係し、がん細胞増殖とも関連する。

筆者らは、TORC2 signaling のアクチベーターとして、Ryh1 GTPase、ヒト Rab6 orthologを見いだした。guanosine triphosphateにも結合するとき、TORC 2活性化のために、Ryh1が必要。

Ryh1欠損イーストは、温度やストレス環境に敏感となる。

Ryh1はヒト蛋白のRab6と類似
Hisashi Tatebe, Susumu Morigasaki, Shinichi Murayama, Cui Tracy Zeng, Kazuhiro Shiozaki. Rab-Family GTPase Regulates TOR Complex 2 Signaling in Fission Yeast. Current Biology, 2010; DOI: 10.1016/j.cub.2010.10.026

by internalmedicine | 2010-11-08 17:59 | 糖尿病・肥満  

<< A型肝炎ワクチン:米国A型肝炎... ラップトップコンピュータが男性... >>