糖甘味飲料税40%付加:カロリー3.4kcal/日減少、体重0.16kg減少、税収アップ

検索したが、まだ流布している一定の訳がないようだ・・・Sugar-sweetened beverage (SSB) taxes 糖甘味飲料税と訳す


2006 Nielsen Homescan panelからのデータ解析で、飲料の値段、エネルギー摂取、体重を多変量回帰モデルを用いておこなったもの

HEALTH CARE REFORM
Impact of Targeted Beverage Taxes on Higher- and Lower-Income Households
Eric A. Finkelstein, PhD, MHA; Chen Zhen, PhD; James Nonnemaker, PhD; Jessica E. Todd, PhD
Arch Intern Med. 2010;170(22):2028-2034. doi:10.1001/archinternmed.2010.449

carbonated SSBsへの20%、40%の税付加により、一人あたり、購入額平均(SE)  4.2 (1.6) と 7.8 (2.8) kcal/日 と減少。
すべてのSSBsの税拡大は一人あたり7.0 (1.9) と 12.4 (3.4) kcal/日 減少

体重減少推定平均 (SE) は税20%、40%で、一人あたりそれぞれ、 0.32 (0.09) と 0.59 (0.16) kg/年減少。

SSBsの40%税付加は、年間世帯あたり平均(SE)  $28.48 ($0.87) 増加し、歳入として $2.5 billion ($77.5 million)増加し、高所得世帯からが大きくしめる。


飲料品メーカー以外すべてに良さそうだが、業界が強い日本では、報道もされないのだろう。

高収入世帯への税付加アップになり、現時点では大企業にお目こぼしだらけの法人税を減税するよりは遙かにましな税収アップと思うのだが・・・



糖甘味飲料摂取量を減らすと血圧が下がる 2010-05-25

by internalmedicine | 2010-12-14 09:01 | 糖尿病・肥満  

<< にきび治療:アダパレンを中心と... 関節炎老人への鎮痛剤安全性比較 >>