吸入ステロイド使用による糖尿病発症・悪化

Inhaled Corticosteroids and the Risks of Diabetes Onset and Progression
Am J Med. Volume 123, Issue 11, Pages 1001-1006 (November 2010)



388,584名の患者コホートで、うち30,167名が5.5年フォローアップ中に糖尿病発症(incidence rate 14.2/1000/year)、2099名の経口血糖降下剤治療からインスリンへの変更(incidence rate 19.8/1000/year)

吸入ステロイド現行使用は34%の糖尿病率増加と関連 (rate ratio [RR] 1.34; 95% confidence interval [CI], 1.29-1.39) し、糖尿病発症率を増加 (RR 1.34; 95% CI, 1.17-1.53)

リスク増加は、吸入ステロイド使用量最も多い群(FP 1000μg/d以上に相当)で多い(RR 1.64; 95% CI, 1.52-1.76 and RR 1.54; 95% CI, 1.18-2.02)

by internalmedicine | 2010-12-16 11:06 | 呼吸器系  

<< 重度砂漠無機塵により喘息入院増加 ショウジョウバエ:p53が臓器... >>