難治性喘息喘息の原因としての非結核性抗酸菌症

三次学術医療センターに受診し、その後、非結核性抗酸菌症(NTM)と判明した症例22例

非結核性抗酸菌症の頻度は非AIDS者でも増加し、COPD、気管支拡張、嚢胞線維症、じん肺などで生じるが、喘息との関連、重症・治療困難喘息で考慮されることはなかった。喘息においては、たとえば、ライノウィルスなどのウィルスが急性増悪の引き金になる。また、治療に結びつかないが、マイコプラズマやクラミジアの慢性感染が持続喘息のphenotypeに関連することが示唆されている。
NTMに関しては今まで喘息発症・悪化に関して記載されてなかった。

Nontuberculous Mycobacterial Infection as a Cause of Difficult-to-Control Asthma
A Case-Control Study
CHEST January 2011 vol. 139 no. 1 23-27

新規症状・症状悪化から平均2.1年
最も多い症状は、咳嗽増悪(77%)、喀痰(40.9%)、頻回急性増悪(31.8%)

Mycobacterium avium complexが感染の63.6%、Mycobacterium xenopiが8例

対象者は高齢で (59.8 ± 8.9 vs 42.6 ± 18 years; P < .001)、より重度気道閉塞 (FEV1, 57% [40%-74%] vs 89.5% [80%-98%]; P < .001)

症例と対照において、吸入ステロイドや平均日毎投与量に差はなかった。
しかし、ICS投与期間が長かった (17 [6.2-20] vs 4 [0.75-6.0] years; P=.002)

NTM6例は連日経口ステロイド治療され、対照ではなかった。

22例のうち、10例でNTMに対する化学療法し、7名が臨床的改善、症状の改善が見られた。




吸入ステロイドが悪さをしてるのかと思いつくが、この論文では、非結核性抗酸菌が2.1年前から喘息発症期間していることから筆者らは考慮に入れる必要ないとしている。
症例対照研究のため、考察に過ぎないが、非可逆性気道閉塞と同様のメカニズム、リモデリングに関してNTMが関連する可能性を考えている・・・とのこと。

by internalmedicine | 2011-01-04 17:53 | 呼吸器系  

<< 高齢者歩行速度は予後推定因子である 高血圧・高血圧前症:スイカサプ... >>