就寝前の室内照明はメラトニンを減少させ、血圧・体温・糖代謝に悪影響を与える

就寝前の室内灯は、メラトニン分泌を抑え、melatoni onsetの遅延をもたらし、メラトニン分泌を約90%短縮する
Exposure to Room Light before Bedtime Suppresses Melatonin Onset and Shortens Melatonin Duration in Humans
The Journal of Clinical Endocrinology & Metabolism , doi:10.1210/jc.2010-2098



就寝前の電気照明は、強くメラトニンを抑え、心理的プロセスを介し、睡眠、体温調整、血圧、糖代謝にまで影響を与える。
18-30歳の116名のボランティアにて静脈内留置カテーテルで採血し、5連続日、30-60分ごとにメラトニン測定。室内照明90分間で、dim lightに比べ50%ほどメラトニン分泌が低下した。

Exposure to Room Light before Bedtime Suppresses Melatonin Onset and Shortens Melatonin Duration in Humans.
J Clin Endocrinol Metab. 2010 Dec 30. [Epub ahead of print]


寝る前は、部屋を暗くしましょう。テレビをつけっぱなしでねるなんて最悪です。

by internalmedicine | 2011-01-14 09:17 | 環境問題  

<< ACCELERATE:初回血圧... 善玉コレステロールの抗動脈硬化... >>