肥満症治療薬Contrave効果不十分でFDA承認拒否

武田薬品の100%子会社Orexigen® Therapeutics, Inc.(本社:米国カリフォルニア州サンディエゴ、以下「Orexigen社」)の肥満症治療薬Contrave®(ナルトレキソン塩酸塩徐放製剤とブプロピオン塩酸塩徐放製剤の合剤)、効果不十分のため、FDA 承認拒否

何せ、50%もの被験者に5%の体重減少だったものの、プラセボ対照では10%の体重減少
しかも、血圧、脈拍増加するというもの。

ソース:http://www.latimes.com/health/la-he-diet-drugs-20110202,0,2283173.story


去年9月まで、意気揚々だったのに・・・
http://ameblo.jp/fashionrental/entry-10637412440.html
武田薬品工業株式会社(本社:大阪市中央区、以下、「武田薬品」)は、このたび、肥満症治療薬Contrave(R)(ナルトレキソン塩酸塩徐放製剤とブプロピオン塩酸塩徐放製剤の合剤)に関する米国、カナダ、メキシコを対象とした独占的開発・販売契約を締結しましたのでお知らせいたします
本年3月31日、米国食品医薬品局(FDA)にContraveの販売許可申請を提出しており、FDAの審査終了目標日は2011年1月31日を予定

by internalmedicine | 2011-02-02 11:03 | 糖尿病・肥満  

<< インフルエンザ A(H1N1)... パーキンソン病:遺伝リスク遺伝... >>