閉塞型無呼吸症候群の振り分けアンケート→自宅オキシメトリーという2段階評価の信頼性

A simplified model of screening questionnaire and home monitoring for obstructive sleep apnoea in primary care
Thorax 2011;66:213-219 doi:10.1136/thx.2010.152801



いびき、ウェスト経、無呼吸目撃、年齢が、閉塞型無呼吸症候群の予測因子であり、これをアンケートに組み込み、ROC area under curve (AUC) 0.84, 95% CI 0.75 to 0.94, p<0.001)

ApneaLink oximetry:3%低下基準で、OSA予測効率、AUC 0.96, 95% CI 0.91 to 1.0, p<0.001

2段階診断モデルでは、開発群で、感度 0.97 (95% CI 0.81 to 1.00) 、特異度 0.87 (95% CI 0.74 to 0.95)、確認群で、感度 0.88 (95% CI 0.60 to 0.98)、特異度 0.82 (95% CI 0.70 to 0.90)

篩分けアンケート→自宅オキシメトリーの2段階モデルで、プライマリケアでのOSA予測正確に可能で、顧問な睡眠障害の患者のケアにのぞみが持てる

by internalmedicine | 2011-02-21 11:29 | 呼吸器系  

<< 35歳時点での大気汚染がその後... メンデルランダム(化)解析:C... >>