水泳と喘息・アレルギー疾患:発症リスク増加無し、喘息の肺機能・症状改善 カルキは・・・

水泳が喘息児童によいというのは当たり前になっているが、実は、幼児・子供の水泳の喘息やアレルギー疾患との関連は横断研究だけで、結果にばらつきがあったそうな・・・

水泳経験が多いことによる喘息・アレルギーリスクに関してリスク増加は見られず、むしろ、肺機能、喘息の症状の改善が見られ、特に呼吸器疾患をもつ子供ではその効果が目立つ。

Swimming Pool Attendance, Asthma, Allergies, and Lung Function in the Avon
Longitudinal Study of Parents and Children Cohort
Laia Font-Ribera, Cristina M. Villanueva, Mark J. Nieuwenhuijsen, Jan-Paul
Zock, Manolis Kogevinas, and John Henderson
Am. J. Respir. Crit. Care Med. 2011;183 582-588
http://ajrccm.atsjournals.org/cgi/content/abstract/183/5/582?etoc


Avon Longitudinal Study of Parents and Childrenというイギリスの生誕時点からの長軸研究
7歳、10歳時点での喘息・アレルギー症状で検討

7歳時点で、50%超が週1回以上水泳
水泳頻度は、全体、アトピー小児両方で、症状評価リスクの上で増加が見られなかった。

生誕期からの累積水泳回数 高数群 v 低数群比較では 既往、現行喘息オッズ比は、7歳時点で  0.88 (95% 信頼区間l, 0.56–1.38) と 0.50 (0.28–0.87)、一秒量標準偏差増加では、 0.20 (0.02–0.39)

10歳時点での、生誕期からの累積水泳回数 高数群 v 低数群比較、現行喘息オッズ比は  0.34 (0.14–0.80)



ただ、カルキ化されたプールに関しては議論が続きます・・・

Con: Respiratory Risks Associated with Chlorinated Swimming Pools: A Complex Pattern of Exposure and Effects
Alfred Bernard, Catherine Voisin, and Antonia Sardella
AJRCCM 2011 183: 570-572.
Pro: Swimming in Chlorinated Pools and Risk of Asthma: We Can Now Carry On Sending Our Children to Swimming Pools!
Giorgio L. Piacentini and Eugenio Baraldi
AJRCCM 2011 183: 569-570.

by internalmedicine | 2011-03-01 11:08 | 呼吸器系  

<< 吸入ステロイド:経口ステロイド... 中年時の喫煙でアルツハイマー病... >>