吸入ステロイド:経口ステロイド未使用では結核リスク増加と関連

経口ステロイド:oral corticosteroids (OCS)遷延投与による結核リスク増加は明らかだが、吸入ステロイドはどうか?・・・という問題

43万名程度の住民ベースのnested症例対照報告で、15年間における結核565名発症での検討

経口ステロイド使用時にはICSがさらに結核リスクを増加させることはないが、経口ステロイド未使用では吸入ステロイド使用は結核リスク増加と関連する。

Inhaled Corticosteroids and Risk of Tuberculosis in Patients with Respiratory Diseases
Am. J. Respir. Crit. Care Med. 2011; 183: 675-678. First published online October 1 2010 as doi:10.1164/rccm.201007-1099OC


標準化インシデント比 3.9 (95%信頼区間[CI], 2.6-5.4)

ICS(既往と現行を含め)使用者は、結核リスク増加(使用既往 rate ratio [RR], 1.27; 95% CI, 1.05–1.53; 現行使用 RR, 1.33; 95% CI, 1.04–1.71)

経口ステロイド使用者では、有意な相関は認めず

経口ステロイド使用なしにおいては、補正RRsはICS使用既往 (RR, 1.26; 95% CI, 1.02–1.56) 、現行使用 (RR, 1.48; 95% CI, 1.11–1.97)で有意で、現行使用量が多い場合 (RR, 1.97; 95% CI, 1.18–3.3)有意。



結核感染の有無を、Quantiferonなどで確認して、吸入ステロイドってわけには行かないと思うのだが・・・果たしてどうする?

COPDでは、高用量ICS投与時は胸部レントゲンにて写真確認という話がある
Use of high-dose inhaled corticosteroids is associated with pulmonary tuberculosis in patients with chronic obstructive pulmonary disease.

Shu CC, Wu HD, Yu MC, Wang JT, Lee CH, Wang HC, Wang JY, Lee LN, Yu CJ, Yang PC; Taiwan Anti-Mycobacteria Investigation (TAMI) Group.
Medicine (Baltimore). 2010 Jan;89(1):53-61. 

by internalmedicine | 2011-03-01 11:54 | 呼吸器系  

<< 食事性カリウム:ほぼ全員ガイド... 水泳と喘息・アレルギー疾患:発... >>