喘息:若年・子供へのゾレアの効果 喘息症状日数減少、急性悪化減少

ゾレア(Omalizumab)の 都市内子供から思春期成人までのランダム化二重盲検プラセボ対照化平行群トライアル

Randomized Trial of Omalizumab (Anti-IgE) for Asthma in Inner-City Children

N Engl J Med 2011; 364:1005-1015March 17, 2011


419名の被験者で、73%が中等症から重症のポイント

有意に有喘息日数減少 19.6→1.48日/2週間 24.5%減少(P<0.001)

1回以上の急性悪化減少 48.8→30.3%(P<0.001)

a0007242_943936.jpg


吸入ステロイド、LABA使用減少するも、改善認める

by internalmedicine | 2011-03-17 09:06 | 呼吸器系  

<< シロリムスは、肺リンパ脈管筋腫... 第28回日本医学会総会はネット... >>