POET-COPDトライアル:チオトリピウム v サルメテロール 急性増悪予防比較

Prevention of Exacerbations with Tiotropium in COPD (POET-COPD) trial
COPD急性増悪に対する、Tiotropium vs. Salmeterol 比較

COPD治療の重要な目標は、急性増悪悪化であるが、サルメテロールに比較して、チオトロピウムが、より、COPD初回急性増悪を先延ばしし急性増悪回数を減少させるという報告

Tiotropium versus Salmeterol for the Prevention of Exacerbations of COPD

Claus Vogelmeier, M.D., Bettina Hederer, M.D., Thomas Glaab, M.D., Hendrik Schmidt, Ph.D., Maureen P.M.H. Rutten-van Mölken, Ph.D., Kai M. Beeh, M.D., Klaus F. Rabe, M.D., and Leonardo M. Fabbri, M.D. for the POET-COPD Investigators

N Engl J Med 2011; 364:1093-1103March 24, 2011


1年の、ランダム化二重盲検、二重ダミー、平行群トライアルで、チオトロピウム 18μg/日とサルメテロール 50μg×2回/日比較
対象は、中等症から最重症COPD患者・前年急性増悪既往のある患者で、中等度から重症急性増悪頻度比較

7376名の登録、チオトロピウム 3707名、サルメテロール 3669名、急性増悪までの日数はそれぞれ 187日 v 145日で、リスク減少17% (hazard ratio, 0.83; 95% 信頼区間 [CI], 0.77 ~ 0.90; P<0.001)
チオトロピウムはまた、初回重症急性増悪までの期間を増加 (hazard ratio, 0.72; 95% CI, 0.61 ~ 0.85; P<0.001)し、中等症・重症急性増悪年間回数を減少 (0.64 vs. 0.72; rate ratio, 0.89; 95% CI, 0.83 ~ 0.96; P=0.002)し、年間重症急性増悪数を減少 (0.09 vs. 0.13; rate ratio, 0.73; 95% CI, 0.66 ~ 0.82; P<0.001)させる。

a0007242_8313231.jpg

包括的に、重症副事象頻度、治療中断にいたる副事象イベントは2群同等
チオトロピウム 64(1.7%) 、サルメテロール 78 (2.1%) で死亡例

by internalmedicine | 2011-03-24 08:32 | 呼吸器系  

<< ACT NOW:アクトスの糖代... やりなれない運動や性行為は、心... >>