米国:メチル水銀暴露は心血管疾患リスク増加せず

魚からのメチル水銀は心血管疾患のリスク増加につながるか?魚やセレニウム地震には有益性があるため、その修正効果も評価すべき・・・ということで検討

結果から言えば、水銀暴露と冠動脈疾患、卒中、総心血管疾患への悪影響は、米国人くらいの暴露では観られない・・・という話。

Mercury Exposure and Risk of Cardiovascular Disease in Two U.S. Cohorts

Dariush Mozaffarian, M.D., Dr.P.H., Peilin Shi, Ph.D., J. Steven Morris, Ph.D., Donna Spiegelman, Sc.D., Philippe Grandjean, M.D., David S. Siscovick, M.D., M.P.H., Walter C. Willett, M.D., Dr.P.H., and Eric B. Rimm, Sc.D.

N Engl J Med 2011; 364:1116-1125March 24, 2011


U.S. cohorts (a total of 51,529 men and 121,700 women) の症例対照比較

足爪水銀濃度 :症例 0.23 μg/g(中間10分位, 0.06c0.94) v 対照 0.25 μg/g(0.07-0.97)

多変量解析にて、高水銀濃度は心血管疾患リスク増加と関連せず、5分位比較で、相対リスクは以下のごとく: 冠動脈性疾患, 0.85 (95% 信頼区間 [CI], 0.69 - 1.04; P=0.10 for trend); 卒中, 0.84 (95% CI, 0.62 - 1.14; P=0.27 for trend); 総心血管疾患, 0.85 (95% CI, 0.72 - 1.01; P=0.06 for trend)
a0007242_10312881.jpg

同様の知見が、低セレニウム濃度、小総魚食事量被験者解析で得られ、いくつかの感度分析でも確認。

by internalmedicine | 2011-03-24 10:31 | 環境問題  

<< 台湾:カルバマゼピンによる中毒... ACT NOW:アクトスの糖代... >>