前肺毛細管性障害除外非侵襲的アルゴリズム

前肺毛細管性障害除外非侵襲的アルゴリズム

A noninvasive algorithm to exclude pre-capillary pulmonary hypertension
Eur Respir J 2011 37:1096-1103


右室ストレインパターン(RVS)、NT-proBNP カットオフ値 80 pg/mL

両者無ければ、十分、右心カテーテルによる前肺毛細血管高血圧診断除外できる。

RVS無し、NT-proBNP高値の場合、前向きコホートで、右心カテーテルによる前肺毛細血管性高血圧存在は認めなかった

超音波組み合わせで、より特異度増加19.3% (p = 0.0009)し、感度は100%である。


ストレインの意味:http://www.gp-training.net/protocol/cardiovascular/ecg_reporting.htm#Strain

by internalmedicine | 2011-05-01 15:25 | 呼吸器系  

<< 救急医療のためのCT適正利用:... C群ライノウィルス : 小児喘... >>