ロイコトルエン拮抗剤は第一選択薬となりえるか?やはりadd-onのままか?

喘息ガイドラインに影響を与えるであろう報告のようだが・・・

リアルワールドでは、軽症持続型喘息の第一選択として、ロイコトルエン受容体アゴニスト(LTRAs)はゴールドスタンダードである吸入ステロイドと同等であるかもしれない。2つのリアルライフトライアルにて、症状改善単剤比較は少なくとも同等であった。

現行では、ガイドラインでは吸入ステロイドを軽症持続型では、喘息コントロール薬剤として第一選択である。

Priceらは、2つの平行群多施設トライアルを”real world"としてその有効性を、LTRAs v 吸入ステロイドを第一選択薬として評価。
もう一つの研究は、コントロール不充分時にLTRA or LABA追加の評価を行った。
Leukotriene Antagonists as First-Line or Add-on Asthma-Controller Therapy
David Price et. al.
N Engl J Med 2011; 364:1695-1707May 5, 2011

エディトリアル:Asthma Treatment Guidelines Meet the Real World
Sven-Erik Dahlén et. al.
N Engl J Med 2011; 364:1769-1770May 5, 2011




読み込んでから、追記する予定。

by internalmedicine | 2011-05-05 12:03 | 呼吸器系  

<< アスピリン一次予防はインチキ? ”なんでも減塩に対し疑問” 非... >>