KLF14遺伝子: 他の遺伝子における代謝的影響のカスケードを握る主要調整遺伝子

KLF14遺伝子: 他の遺伝子における代謝的影響のカスケードを握る主要調整遺伝子

両親から遺伝するが、活性は母からのみ遺伝される、父からの遺伝子はinactiveなままというやや変わった形質発現を示すらしい。

Identification of an imprinted master trans regulator at the KLF14 locus related to multiple metabolic phenotypes.
Kerrin S Small et. al.
Nature Genetics : (2011) DOI: doi:10.1038/ng.833

解説:http://www.emaxhealth.com/1020/master-gene-found-drives-diabetes-and-obesity

by internalmedicine | 2011-05-16 09:29 | 糖尿病・肥満  

<< 大うつ病:2つのgenome-... ゲーム・ネット使用が若者の睡眠... >>