喘息高頻度地域:家庭内抗原との関連、特に、ゴキブリ抗原との関係

原因する小動物や昆虫などのアレルゲンがあれば周辺で喘息罹患頻度が増すだろうという仮説

就学児童における喘息罹患率は3%から19%で、歩行距離内で2-3倍の喘息罹患頻度リスクのばらつきがある。この地域差は抗原の差ではないかと研究

high asthma prevalence neighborhoods (HAPNs) v low asthma prevalence neighborhoods (LAPNs)で、居宅内でのゴキブリやネズミの抗原調査


Neighborhood differences in exposure and sensitization to cockroach, mouse, dust mite, cat, and dog allergens in New York City.
Olmedo O et. al. J Allergy Clin Immunol. 2011 Apr 30.

HAPN 居宅は、LAPNに比べ、 Bla g 2 (P = .001)、 Mus m 1 (P = .003)、 Fel d 1 (P = .003)が多い。逆に Der f 1 (P = .001)は少ない
居宅内抗原感作は喘息と相関するが、抗原そのものにかんして、LAPNsとHAPNsと異なった。
ゴキブリ抗原の感作はLAPN子供よりHAPNで多い (23.7% vs 10.8%; P = .011)
抗原暴露増加するほど、ゴキブリh (P < .001)、dust mite (P = .009)、猫 (P = .001)への感作(IgE)の確率増加するが、マウス(P = .58)や犬 (P = .85)では増加しない


Sciencedaiy解説記事(http://www.sciencedaily.com/releases/2011/05/110517151301.htm )は、ゴキブリにご執心

・ゴキブリ抗原は喘息有病率高頻度地域居宅で多い
・ゴキブリ抗原感作は喘息高頻度地域居住児童で多い
・ゴキブリ抗原暴露は感作と相関し、ゴキブリ感作は喘息リスク増加と相関


National Institute of Environmental Health Sciences (NIEHS)研究による家庭内アレルゲンと喘息の関連:http://www.niehs.nih.gov/news/releases/2008/levels.cfm

by internalmedicine | 2011-05-18 09:45 | 呼吸器系  

<< 骨粗鬆症薬剤:バリカチブ 安定胸痛:早期CT冠動脈造影は... >>