ビタミンD欠乏:肺容積減少とそれに伴う肺機能変化をもたらす



Vitamin D Deficiency Causes Deficits in Lung Function and Alters Lung Structure
Graeme R. Zosky et. al.
Am. J. Respir. Crit. Care Med. 2011; 183: 1336-1343. First published online February 4 2011 as doi:10.1164/rccm.201010-1596OC

Plethysmography及びオッシレーション法による計測肺容積・肺機能
さらに、肺構造を組織学的評価

ビタミンD不足は体成長に影響を与えず、肺容積減少を示した
肺容積で完全には説明できない肺機能低下への影響を示した

肺メカニクスの肺容量依存は組織構造変化に基づくと思われる

しかし、グループ間の本質的組織的変化は構造の変化より背鰓図による影響が大きい


結論としては、ビタミンD不足は肺機能低下をもたらし、主にそれは肺容積減少に伴う現象

by internalmedicine | 2011-05-20 08:17 | 呼吸器系  

<< RIG-like Helica... アクトスと膀胱癌の関連性報告 >>