誘発喀痰遺伝子発現で、COPD喫煙既往者のスパイロメトリ・レントゲン上の重症度との相関

誘発喀痰遺伝子発現で、COPD喫煙既往者のスパイロメトリ・レントゲン上の重症度との相関

COPD病期 GOLD stage 2 v 3/4において、198の遺伝子変化が肺気腫重症度に従い認められ、12の候補遺伝子がPCRにて解析され、11遺伝子で有意(p<0.05)

IL-18R蛋白発現は肺胞膜路ファー人において、喫煙既往2%・非喫煙2.5%の対照群とくらべ、23.2%の平均であった。

Induced sputum genes associated with spirometric and radiological disease severity in COPD ex-smokers
Dave Singh, Steven M Fox, Ruth Tal-Singer, Jonathan Plumb, Stewart Bates, Peter Broad, John H Riley, Bartolome Celli
Thorax 2011;66:489-495 Published Online First: 24 March 2011 doi:10.1136/thx.2010.153767



お金がないので、フルテキストみれません・・・

by internalmedicine | 2011-05-24 16:51 | 呼吸器系  

<< 喘息におけるβアドレナリン受容... COPDにおける吸入抗コリン剤... >>