3-5歳時点の睡眠不足は、7歳時点の過体重と関連する

こどもの睡眠不足は過体重リスク増加をもたらす
その体重増加は脂肪蓄積そのものであり、脂肪以外の成分の増加を伴わないものである

Longitudinal analysis of sleep in relation to BMI and body fat in children: the FLAME study
BMJ 2011; 342:d2712 


a0007242_8424128.jpg


多くの共役要素補正後、3-5歳時点の睡眠時間付加は、7歳時点の BMI 0.48 (95% 信頼区間 0.01 ~ 0.96) 減少、過体重(BMI 85パーセンタイル以上)を 0.39  (0.24 ~ 0.63)と関連
さらに3歳時点のBMI補正にてこの関連は増強される

で、このBMIの差は、脂肪外成分指数 (−0.21, −0.41 ~ −0.00).より脂肪量指数の差により説明出来る   (−0.43, −0.82 ~−0.03)


子供を睡眠不足にしないよう、注意しましょう。

by internalmedicine | 2011-05-28 08:53 | 糖尿病・肥満  

<< 超悪玉コレステロール : ”M... 米国: 仕事上の運動量低下 以... >>