母の高血糖:子供のインスリン感受性、膵β細胞機能に影響与え、肥満への悪影響

妊娠糖尿病でなくても、妊娠中の高血糖は、子供のインスリン分泌を増加させ、インスリン感受性を低下させる

NC Bush, et al "Maternal gestational glucose concentration is associated with offspring insulin sensitivity and beta-cell function in children aged 5-10 years" ENDO 2010; Abstract OR30-2.
http://www.medpagetoday.com/MeetingCoverage/ENDO/20876


横断後顧的研究で、21名の子供で、母親の血糖は、子供のインスリン感受性値と、有意に、逆相関。
母体血糖はまた、static-cell responseと相関し、%脂肪比率やインスリン感受性と独立。

子供の体脂肪は、  dual-energy x-ray absorptiometry testingで計測
インスリン値と分泌は液状朝食後測定。
ブドウ糖負荷試験4時間検査で、空腹、static、dynamic phseseの検査

by internalmedicine | 2011-06-07 14:20 | 糖尿病・肥満  

<< PCI後ST非上昇急性冠症候群... メタアナリシス:大麻使用は精神... >>