小児閉塞型睡眠時無呼吸:フルチカゾン鼻腔スプレーのアデノイド組織抗炎症効果

これで臨床的に有効かどうかはわからない。フルチカゾン鼻腔スプレーがアデノイド組織の炎症を押さえることは確か。



子供の閉塞型無呼吸において、アデノイドの組織に於けるT-regulatory cellと他の炎症性サイトカインに対する鼻腔コルチコステロイドの効果の検討

2-12歳の子供の24名の扁桃腺摘出後の検討で、、フルチカゾン鼻腔スプレー・55μg/nostril治療(n=11)と、無治療(n=13)の比較

アウトカムはT-regulatory cell(FOXP3、CD4、CD25染色)

Effect of Fluticasone Furoate on Interleukin 6 Secretion From Adenoid Tissues in Children With Obstructive Sleep Apnea
Rania Esteitie, MD; Janaki Emani, MD; Shilpy Sharma, PhD; Dana L. Suskind, MD; Fuad M. Baroody, MD
Arch Otolaryngol Head Neck Surg. 2011;137(6):576-582.


フルチカゾン鼻腔スプレーアデノイド組織から分離した細胞では、無治療組織と比較して、IL-6有意に減少し、anti-CD3モノクローナル抗体によるupon stimulationも減少。(P = .05)
CD4/FOXP3-、CD25/FOXP3-、TGFβ陽性細胞数には有意差認めず。
IL-10の染色強度は両群間で同等。

by internalmedicine | 2011-06-21 08:34 | 呼吸器系  

<< 除細動適応心停止患者:除細動前... 4つの肺塞栓除外臨床決断ルール比較 >>