ボグリボースって、ほんとに効かないんだ

ボグリボース+グルファスト合剤の宣伝パンフ
a0007242_9373898.jpg


見にくいが、一番上が、”ボグリボース単独”、真ん中が”グルファスト”、一番下が”両合剤”とのこと

α1GIは、“They are less effective in lowering glycemia than metformin or the sulfonylureas, reducing A1C by 0.5–0.8 percentage points ”(2型糖尿病高血糖マネージメント:治療開始・補正コンセンサスアルゴリズム 2006年 08月 29日 )ということで評価が低いのは当然とあらためて思う。



ただ、2型糖尿病に対する 低GI食 と 高穀物線維食の比較 2008年 12月 17日 にあるごとく、食後血糖変化に関わり、再検討されてもいいのかもしれない。

でも、単独で糖化ヘモグロビン低下を目指すってことには意味ないような・・・

by internalmedicine | 2011-06-28 07:41 | 糖尿病・肥満  

<< 米国FDA:特定製品生野菜・ス... FDA安全性情報:慢性腎臓病の... >>