肺機能試験の禁忌アップデートについて

肺機能検査に関わる禁忌アップデートについて

高リスク禁忌は、心筋梗塞・肺塞栓・上行大動脈瘤などの心血管合併症
ややリスクは低下するが、まだ重大な禁忌は、重大な胸部・腹部・当部手術の術後回復期が主
しかし、リスク比は、患者の状況が回復するまで肺機能が必要か、待機するか決めて行う。
最近頼侵襲度の少ない手術、キーホール手術、レーザーなどに移行されつつあり、方向性が変わってきた。
再考が必要となるだろう。

Review
An update on contraindications for lung function testing
Brendan G Cooper
Thorax doi:10.1136/thx.2010.139881

by internalmedicine | 2011-07-20 16:21 | 呼吸器系  

<< イラク・アフガニスタン帰還兵の... FDA助言委員会:糖尿病治療薬... >>