冠動脈疾患:喫煙の影響女性の方が強い ・・・ 女性に対する強化対策を!

Cigarette smoking as a risk factor for coronary heart disease in women compared with men: a systematic review and meta-analysis of prospective cohort studies
The Lancet, Early Online Publication, 11 August 2011
doi:10.1016/S0140-6736(11)60781-2Cite or Link Using DOI


8005の要約、391万名のデータの26の報告、86の前向きトライアルの67075の冠動脈疾患イベント

240万名対象の75コホートで、冠動脈疾患外の補正心血管リスク要素は、pool化補正男女比は非喫煙者比較で 1·25 (95% CI 1·12—1·39, p<0·0001)

このアウトカムは、寄与出版バイアス補正でも変化無く、研究間heterogeneityも有意なもの認めず (p=0·21)

フォローアップ1年増加毎に2%ずつRRR増加 (p=0·03)


53研究pool化データにて、非喫煙v喫煙既往の性差のエビデンス認めず  (RRR 0·96, 95% CI 0·86—1·08, p=0·53).
a0007242_1075825.jpg

by internalmedicine | 2011-08-11 10:09 | 喫煙禁煙  

<< 節電: まずは、テレビを消しましょう WHOの愚と、結核血清診断の愚 >>