遺伝子組み換えUricase ペグロチカーゼ:不応性高尿酸血症への安全性・有効性

ペグロチカーゼpegloticase (Krystexxa [Savient Pharmaceuticals, Inc])クリステクサ


従来の尿酸値降下薬剤に不応性で、重度の慢性痛風発症のおそれのある存在がある
225名の重度痛風・アロプリノール不応性に対し、2週1回 or 月毎の、組み替えuricaseである、pegloticase注とプラセボ比較。

pegloticase 8mgは2週毎あるいは4週毎で尿酸値低下



Efficacy and Tolerability of Pegloticase for the Treatment of Chronic Gout in Patients Refractory to Conventional Treatment
Two Randomized Controlled Trials
JAMA. 2011;306(7):711-720. doi: 10.1001/jama.2011.1169

by internalmedicine | 2011-08-17 08:12 | 運動系  

<< 高分化甲状腺癌への放射性ヨード... 55歳未満重症COPD発症:ア... >>