特発性悪臭:魚臭症(トリメチルアミン尿症)は人種・民族横断的可能性有り

I今回の特発性悪臭(idiopathic malodor)を有する被験者では、人口動態的情報はトリメチルアミン尿症の診断鑑別には役立たずしかし、特発性悪臭では比較的、このトリメチルアミン尿症は存在し、食事や他の治療により奏功するのでコリン誘発試験を行い診断を全例に行うことを勧める。

Individuals Reporting Idiopathic Malodor Production: Demographics and Incidence of Trimethylaminuria
The American Journal of Medicine doi:10.1016/j.amjmed.2011.05.030 | How to Cite or Link Using DOI


魚臭症と呼ばれる、トリメチルアミン尿症


勝手にリンク (ググればトップなのでリンクする必要もなかったかも・・・)→ 魚臭症候群,魚臭症,トリメチルアミン尿症,Trimethylaminuriaの日本におけるホームページ http://homepage2.nifty.com/hiroshi_yamazaki/index.htm

by internalmedicine | 2011-09-15 08:14 | 環境問題  

<< ASNC:医療の無駄:心筋シン... ADI世界アルツハイマーレポー... >>