欧州呼吸器学会:中心性肥満と喘息発症

アムステルダムで開かれているEuropean Respiratory Society's Annual Congress

SciencDaily: http://www.sciencedaily.com/releases/2011/09/110925125143.htm

19-55歳での23245名の喘息無し前向き研究Norwegian Nord-Trondelag Health Study (HUNT)二次報告
中心性肥満で1.44倍の喘息発症リスク増加はあるが、全般的肥満では認めない
加えて、中心性肥満&肥満は1.81倍の喘息発症リスク

Ben Brumpton ( Norwegian University of Science and Technology )は、いままでは喘息はすべてのサイズで影響を与えているという報告だった、喘息発症では、中心性肥満と全般性肥満の組み合わせによるリスクという報告。この2つは付加的作用が多い。

中心性肥満はインスリン抵抗性、メタボリックシンドロームとの関連であり、喘息との関連の要素が問題となるだろう。

中心性肥満との各疾患関連
片頭痛: http://www.sciencedaily.com/releases/2009/02/090212161812.htm
骨粗鬆症: http://www.sciencedaily.com/releases/2010/11/101130100355.htm
認知症 :http://www.sciencedaily.com/releases/2008/03/080326161721.htm

by internalmedicine | 2011-09-26 16:18 | 呼吸器系  

<< 高齢者股部骨折:長期生命予後は... 無症状対象者スクリーニング:安... >>