米国青少年:睡眠時間の短さと問題行動リスク

Relationships between hours of sleep and health-risk behaviors in US adolescent students
Preventive Medicine In Press 
doi:10.1016/j.ypmed.2011.06.02




修学夜の不充分な睡眠比率は68.9%

不充分な睡眠との関連性オッズが高いのは
喫煙 (age-adjusted odds ratio [AOR], 1.67; 95% confidence interval [CI], 1.45–1.93)、marijuana (AOR, 1.52; 95% CI, 1.31–1.76)、 アルコール (AOR, 1.64; 95% CI, 1.46–1.84); 性的活動 (AOR, 1.41; 95% CI, 1.25–1.59)

重度自殺企図  (AOR, 1.86; 95% CI, 1.60–2.16)
悲しみ・希望無し感覚 (AOR, 1.62; 95% CI, 1.43–1.84)
身体的けんか  (AOR, 1.40; 95% CI, 1.24–1.60)

7日間に5日間以上60分以上の運動なし  (AOR, 1.16; 95% CI, 1.04–1.29)

コンピュータ使用3時間以上  (AOR, 1.58; 95% CI, 1.38–1.80)

soda/pop飲料 1日1回超 (AOR, 1.14; 95% CI, 1.03–1.28)

睡眠時間の短さは、原因なのか結果なのか・・・

眠れないほどの課題を生徒に与える学校の先生は今時いないのだろうか?私の高校の頃はおかげで年中睡眠不足だった

by internalmedicine | 2011-09-27 15:26 | 環境問題  

<< 既婚男性:子供多いほど心血管リ... 外来頻度:糖尿病・血圧・脂質コ... >>