英国データ:ICS/LABA合剤による緑内障・白内障リスク増加認めず

Long-term use of fluticasone propionate/salmeterol fixed-dose combination and incidence of cataracts and glaucoma among chronic obstructive pulmonary disease patients in the UK General Practice Research Database
International Journal of Chronic Obstructive Pulmonary Disease Published Date September 2011 Volume 2011:6 Pages 467 - 476

大規模住民ベース研究で、吸入ステロイドにより用量依存的に白内障・緑内障発生頻度増加するという報告があり、フルチカゾン・プロピオン酸/サルメテロール固定用量配合剤(FSC)に関して、COPD患者の白内障・緑内障発症を英国の大規模データベースで調査(n=53,191)

平均1日投与量を元に、none、low(1-250 mcg)、medium(251-500 mcg)、high(501-1000 mcg)、very high(1001+ mcg)にカテゴリー化

どのFSCあるいはICS薬剤暴露カテゴリーでも、寄与要素補正後は、白内障、緑内障発生リスクと相関せず

FSC用量と白内障のオッズ:medium OR: 1.1 (95% CI: 0.9–1.4); high OR: 1.2 (95% CI: 0.9–1.5); very high OR: 1.2 (95% CI: 0.9–1.7)

FSC投与に関わる緑内障オッズ: medium OR: 1.0 (95% CI: 0.5–2.1); high OR: 1.0 (95% CI: 0.5–2.0); very high OR: 1.0 (95% CI: 0.4–2.8)

結論から言えば、FSCもICSも白内障・緑内障オッズ増加と関連せず、量反応性も見られない。

by internalmedicine | 2011-10-04 08:56 | 呼吸器系  

<< ランダム化研究:統合失調症への... 日本での用量設定に疑問が残る、... >>