急性肺障害:OMEGA study: 抗酸化作用を期待したEPAやDHAでかえって予後悪化

”抗酸化”ビタミンや抗酸化作用を有する物質そのものがpro-oxidantとして作用し、オキシダント様作用をしめす可能性を示すエビデンスが増えている。

たとえば、抗酸化物質だけを大量にとると酸化促進物質として溜まる 2011/06/09
他・・・ → ”抗酸化”記載当ブログ



ω3脂肪酸であるドコサヘキサエン酸 とエイコサペンタエン酸はγ-リノレイン酸や抗酸化作用とともに、全身性炎症をmodulateする。急性肺障害への効果、具体的には酸素化やアウトカムを改善するか?

OMEGA study

ランダム化二重盲検プラシーボランダム化多施設トライアル(2008年1月2日から2009年2月21日まで)
人工呼吸必要な急性肺障害48時間以内の272名の成人で、44病院で経腸栄養開始。
介入としては1日2回のn-3脂肪酸、γ-リノレイン酸、抗酸化物質を、等カロリー調整化で投与

この研究は介入群 143名、対照群 129名登録途中で無利益性のため中止
8倍者血中EPAレベルにかかわらず、n-3サプリメントは、無人工換気日数を減らし、無ICU期間を減少 (14.0 vs 17.2; P = .02) (difference, −3.2 [95% CI, −5.8 to −0.7]、14.0 vs 16.7; P = .04)

n-3群の患者は無呼吸気外臓器障害期間を減らした  (12.3 vs 15.5; P = .02)

60日間在院期間死亡率はn-3群で 26.6%、対照群で 16.3%(P=.054)
補正60日間塩分率はn-3で25.1%、対照群で17.6% (P = .11)

n-3サプリメント使用は、下痢日数増加を引き起こす (29% vs 21%; P = .001)


Enteral Omega-3 Fatty Acid, {gamma}-Linolenic Acid, and Antioxidant
Supplementation in Acute Lung Injury
Todd W. Rice et. al.
the NHLBI ARDS Clinical Trials Network
JAMA Published online October 5, 2011. doi:10.1001/jama.2011.1435
http://jama.ama-assn.org/cgi/content/abstract/jama.2011.1435?etoc


Plasma Levels of Eicosapentaenoic Acid (EPA) and Plasma Ratio of EPA to Arachidonic Acid (AA)


PEEP, Plateau Pressure, and PaO2:FIO2 Ratio During Study
The omega-3 (n-3) supplement



Proportion Curves of 60-Day Hospital Survival and Unassisted Breathing

by internalmedicine | 2011-10-06 08:55 | 呼吸器系  

<< 効果不明瞭な薬剤継続した医師た... 怒りっぽいと、心血管アウトカム... >>