鼻症状が、COPD・心血管疾患併存状態のマーカー?

COPDと心疾患の合併は良くあることだが、医師たちの認識は不充分。
COPD 993名、非COPD 993名、後者をさらに、正常肺機能と拘束性機能異常をもつ群に分け検討。
COPD患者の50.1%に心疾患・卒中・高血圧などの心血管疾患を有したが、対称正常肺機能者では41%

鼻症状はCPAP・心不全併存患者で多く、前者(COPD かつ 心疾患+)は53%、後者(正常肺機能 かつ 心疾患+)は35.8%

加えて、”拘束性障害 かつ 心疾患”の62.2%は、鼻症状を有する

このことは、鼻症状は、心疾患・COPD併存例同定のマーカーであり、この症状が両疾患併存を示唆するかもしれない。

New evidence highlights risk of co-morbidities for COPD patients



http://www.ers-education.org/ersMade/abstract_print_11/main_frameset.htm



ERSの要約ってここで検索できるらしい
http://www.erscongress2011.org/abstracts.html
http://www.ers-education.org/ersMade/abstract_print_11/main_frameset.htm

by internalmedicine | 2011-10-06 11:03 | 呼吸器系  

<< スティーブ・ジョブズ :ドグマ... 効果不明瞭な薬剤継続した医師た... >>