糖尿病指導は個別指導が基本:グループ教育より個別指導で、血糖・心理・行動アウトカム改善

Comparative Effectiveness of Patient Education Methods for Type 2 Diabetes
A Randomized Controlled Trial
JoAnn Sperl-Hillen et. al.
Arch Intern Med. Published online October 10, 2011.

HbA1c 7%以上の2型糖尿病患者(ミネソタ・ニューメキシコ)623名

(1) グループ指導 (using the US Diabetes Conversation Map program) 参考
(2) 個別指導
(3) 通常ケア (UC; ie, no assigned education)
ランダム割り付け

ベースラインから6.8ヶ月で、一般線型mixed-model解析によるHbA1cを評価

平均HbA1c濃度は全群で減少
だが、有意なのはグループ指導や通常ケアより個別指導(–0.51% v –0.27% P = .01、 UC 比較–0.24% P = .01)

フォローアップHbA1c濃度7%未満比率は、個別指導で、グループ、通常ケアより低下 (21.2% v 13.9%, 12.8%) (P = .03)

通常ケア比較で、個別指導(非グループ)はSF-12 身体コンポーネントスコア改善 (+1.88) (P = .04)
Physical Activity (PA, min/wk) (+42.95 min/wk) (P = .03)改善
Recommended Food Score (RFS), (+0.63) (P = .05)改善

グループ指導比較で、個別指導は Problem Areas in Diabetes (PAID)改善 (–3.62) (P = .02) 、自己評価増加  (+0.1) (P = .04)


個別指導は非適正域糖尿病患者の個別指導はグループ指導より血糖コントロール良好で
心理、行動的アウトカムも改善

by internalmedicine | 2011-10-11 08:17 | 糖尿病・肥満  

<< 構造化した認知行動療法介入指導... Sleep AHEAD tri... >>