COPD患者の肺がん発症:病期・気道閉塞軽度ほど発症率多い


Chronic Obstructive Pulmonary Disease
Lung Cancer in Patients with Chronic Obstructive Pulmonary Disease
Incidence and Predicting Factors
American Journal of Respiratory and Critical Care Medicine Vol 184. pp. 913-919, (2011)


2507名のうち215名が肺がん発症:インシデンス程度 1000人年あたり16.7

扁平上皮がんが最も多く44%

肺がん頻度は気流閉塞重症度重度ほど少ない


COPD国際分類Stage I、II、加齢、低BMI、DLCO<80%が肺がん診断と相関


意外なのは気道閉塞重症度軽度、病期分類軽度ほど肺がんリスクが多いということとのこと・・・パラドックスと表現されている。
疫学上のマジックなのか?なんらかの病的機転が関与しているか?

by internalmedicine | 2011-10-17 09:15 | 呼吸器系  

<< 救急受診喘息:酸素投与は補正投与を 肺気腫の遺伝的要素としてテロメ... >>