アスピリン:高リスクLynch症候群 直腸結腸がんリスク減少予防効果

アスピリンは高リスクに結腸直腸癌予防で重要な役割を果たす。
高リスク患者へのアスピリン投与症例で、非使用に比べ60%ほどの相対リスク減少が明らかに・・・・


Burn J, et al "Long-term effect of aspirin on cancer risk in carriers of hereditary colorectal cancer: an analysis from the CAPP2 randomised controlled trial" Lancet 2011; DOI: 10.1016/S0140-6736(11)61049-0.
http://www.thelancet.com/journals/lancet/article/PIIS0140-6736%2811%2961049-0/fulltext(リンク未成立)
podcast

Lynch症候群患者は全直腸結腸がん症例の約3%と推定、約80%が直腸結腸癌発症する
DNA mismatch repair geneの機能的遺伝子喪失疾患

CAPP2 (as the second trial conducted in the U.K.'s Colorectal Adenoma/Carcinoma Prevention Programme)と呼ばれるトライアルで、Lynch症候群(遺伝性非ポリポーシス) 861名をランダム割り付け

ITT解析では、CAPP2において、プラセボ比較で リスクを37%減少(有意差無し HR 0.63, 95% CI 0.35 to 1.13)
しかし、補正解析で、有意差あり  (incidence rate ratio 0.56, 95% CI 0.32 to 0.99)

最低2年服用 508例では、ハザード比 0.41
服用2年未満例では明らかなベネフィット認めず(HR 1.07, 95% CI 0.47 to 2.41)

per-protocolにて、非直腸結腸癌減少に関しても減少傾向が強く見られた (HR 0.47, P=0.07)

by internalmedicine | 2011-10-28 10:23 | がん  

<< 糖質ステロイド使用と、低25-... 肺がん検診:PLCOトライアル... >>