1型糖尿病はより厳格に・・・ 腎障害リスク

American Society of Nephrology's annual meeting in Philadelphiaでの報告らしい

1型糖尿病では積極的インスリン治療で、腎障害リスクを減少させたというDiabetes Control and Complication Trial(1983年開始)の1375名の追跡報告
積極治療での合併症減少効果が明らかなため10年で中止された研究で、今回のは、その後の長期観察の報告。1型糖尿病ではより厳格なコントロールが心血管系合併症減少を示したこととなる。

2型糖尿病に関して厳格コントロールと心血管合併症の関連疑念、よりハードなアウトカムである死亡率増加が新しい研究群により明らかとなってる昨今、1型糖尿病に関してはそれと異なることをはっきりすべきである。

by internalmedicine | 2011-11-14 09:10 | 環境問題  

<< FDA:HEMACORD承認 ... マグネットおもちゃ誤嚥事故 >>