東大:PGD2 マウス肺がんモデル抑制効果

host hematopoietic PGD2 synthase (H-PGDS) 欠損で、マウス肺癌モデルにおける血管漏出、血管形成、単球・マスト細胞浸潤を伴う、肺がん進展作用が示された。

Prostagladin D2 is a mast cell-derived antiangiogenic factor in lung carcinoma
Takahisa Murata et. al.
NAS 2011 ; published ahead of print November 21, 2011,


がん成長抑える物質発見=免疫細胞が分泌―東大など
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111122-00000014-jij-soci
時事通信 11月22日(火)5時2分配信
 がんの成長を助長する異常な炎症反応を抑える物質を、東京大と大阪バイオサイエンス研究所、動物衛生研究所の研究チームが21日までに発見した。この物質は免疫細胞の一種が分泌する「プロスタグランジンD2(PGD2)」。働きを強めることができれば、新たな治療法になるという。研究成果は米科学アカデミー紀要電子版に発表される。
 東大大学院農学生命科学研究科の村田幸久助教らは、がん組織で免疫細胞の一種「肥満細胞」にPGD2の合成酵素があることを発見。この合成酵素を作れないマウスを生み出したところ、がん組織で異常な炎症反応が起きたり、血管が新たに形成されたりして、がんの成長が速かった。 

by internalmedicine | 2011-11-22 11:07 | がん  

<< 乳がん:カナダ予防医学・特別委... 認知正常・軽度異常者では、BM... >>